サクラチトセオー死去

1995年の秋の天皇賞を制し、現在は北海道新ひだか町の新和牧場に繋養されていたサクラチトセオー(牡24)が、老衰のため死亡していたことが分かりました。

 

また一つの時代が終わってしまった気がしますね。

ジェニュインか、チトセオーか…!あの秋の天皇賞は本当に心が痺れました。

 

秋天だけでなく、トップハンデを背負いながらレコード勝ちした京王杯AH、距離不安を指摘されながらも後方からの追込で3着の有馬記念。

本当に個性の強い馬でしたね。個人的には京王杯AHがチトセオーの一番好きなレースでした。

 

チトセオーのご冥福をお祈りします。

スカイダイブで九死に一生

アメリカのテキサス州在住の女性が16歳になった誕生日を祝って人生初のスカイダイビングに挑戦しました。

テキサス州ではスカイダイビングができるのは18歳以上となっているため、ウェシントンさんは16歳でも飛ぶことができるオクラホマ州まで出向いたそうです。スカイダイビングに年齢制限があるなんて知りませんでした…。確かに小さい子どもなんか飛ばせられませんよね。

 

現地で訓練を受けたウェシントンさんは、小型機に乗り込んで空に向かい、先に飛び降りて無事着地した父親が見守る中、生まれて初めてのスカイダイビングに飛び出しました。

しかし高度約1000メートルの上空でパラシュートに異常が発生。パラシュート自体は飛び降りてから約2秒後に出てきたのですが、ウェシントンさんはらせん状態で落下し、、地面にたたきつけられてしまいました。

 

骨盤や椎骨、肋骨を骨折しましたが命に別状はないといいます。

い、命に別状はなくてもこれ絶対後遺症残りますよね…。こんなのラッキーじゃ済まされないですよ。奇跡ですよほんと。

 

ウェシントンさん、絶対トラウマになりますよね…。

なにはともあれ命だけは助かってよかったです。これから何もなければいいのですが…。

ツイッター復帰

「やっぱり、やることにしました。スタッフを通してですよ。」

そうつぶやき、小泉純一郎元首相の公式Twitterアカウントが1月27日に復活しました。

 

この小泉元首相のアカウントは1月19日に認証マークつきで登場しましたが、小泉元首相の事務所が同氏はTwitterをやっていないと否定し、その後アカウントは21日に削除されてしまいました。

しかしこれは事務所側の連絡ミスによるもので、結局本物のアカウントだったそうです。

その後から何も動きがありませんでしたが、なんと復帰していたんですね…!

 

認証マークもフォロワー数もそのままで、ほんとにそのままひょっこり帰ってきただけみたいですね。

しかしただのお騒がせなだけのような気がしますね。どうせ今からつぶやくことなんて脱原発しかないんじゃないんですか?

それに立候補者の細川氏より小泉氏のほうが目立ってません?どうなんですかこれ?

追跡実験

無数のカメラが通行人の顔を識別、顔認証技術を用いて位置情報を取得しその行動を追跡する

なんてドラマや映画の世界だけの出来事かと思っていたことが、現実に起こり得るかもしれません。

 

JR大阪駅と駅ビル「大阪ステーションシティ」のうち、地下1階から3階までの改札などに90台のカメラを設置。

カメラは3メートル四方にいる人物の顔を撮影すると顔の特徴を抽出してIDを付け、別のカメラが同一人物と認識すると位置情報や時間を登録。

その人物の行動履歴を1週間分記録するというもの。業者によるとなんと個人識別率は99・99%とのこと。

 

これは凄いですよ…。しかしこんなの撮られる側は理解、納得してくれるんですかね?

このままじゃ監視社会になってしまいますよ…。

たしかに防犯のために、と考えるととてもいいかもしれませんが、なにも関係のない人からしたら、自分の通勤や退勤時、買い物の様子等が1週間分丸々記録として残ってしまうわけですよ?

神経質な人が「プライバシーの侵害!」なんて騒いでも文句は言えませんよね…。

チューハイCM

キリンビールは、カエルのキャラクターが登場する缶チューハイのテレビCMを中止することを明らかにしました。

「キャラクターを使った表現方法が未成年者の関心を誘い、飲酒を誘発しかねない」との指摘を受けたためとのことですが…

 

?なんでカエルが駄目なんでしょうかね?

未成年の関心を誘う?それなら今人気の女優やアイドルを使ったお酒のCMもそうなりますよね?

というよりそんなこと言ってたらすべてのCM駄目になりませんか?

それに、くまモンがプリントされた日本酒とか、ど根性ガエルのキャラが胃腸薬のCMをやっていたりと、そっちの方が問題じゃないですか。

 

興味を持ってもらうためのCMなんですから別にいいじゃないですか。興味も何も惹かれないCM流してどうするんです?

酒なんてCMがどうのこうのなくたって飲むんですから。

 

もうこれは厄介なクレーマーの域ですよね。

キャラクターなんて関係ないです。これが通ってたらCM自体が問題になるじゃないですか。

ANAの件といい面倒ですよね…。

小さくて認識できず

喫煙禁止地区で路上喫煙したとして、市の条例により罰金を科せられた男性が処分取り消しを求めた訴訟の判決で

「路上喫煙を禁じる標識が小さく、過料の制裁がある記載もない」

として、市に処分取り消しを命じたとのことです。

 

こんなこと許してたら、罰金を取られそうになったら「見えませんでした。知りませんでした」で言い逃れできてしまうと思うのですが…。まぁ場所にもよると思いますが。

判決も出てしまいましたし、初めて来たから分からなかった、で逃げてしまう違反者とか絶対出てきますよ。

 

そんなことが出来ない様にありとあらゆる場所に貼り付け…るのもなんだか窮屈ですよね。

もう少し標識を大きくしたりとかしてみたらどうなんでしょうね?

 

これを機にちょっと考えてほしいですよね。

KDDI新スマホ発表

KDDIが、春商戦向けスマホ・タブレット5モデルを発表しました。

中でも一番の注目は「G Flex」です。6インチという大型ディスプレイでさらに画面が大きく湾曲しているのが特長です。

ローマ字のUがすごく緩やかになってる感じですね。

 

曲がってるだけで何が便利なんでしょうか?

YouTubeなどでの動画の再生時、目と画面の距離が左右で等しくなると説明されています。すると映像の臨場感が増し、没入感もアップするそうです。うーん、よくわからないです。

また、本体が湾曲していることでマイク部分が口に近づくようになり、通話がしやすく、聞きやすくなるそうです。これはなかなかいいのではないでしょうか?

 

ですがなんといっても6インチですよ。大きすぎませんかね。

だって6インチって15センチですよ?スマートじゃなくないですか?

 

こんなに大きいとズボンのポケットに入れてる方とか大変だと思います。大きくて鞄から出すのが恥ずかしいと思う人もいるでしょう。

大きいのが悪いことだと言っているわけではないのですが、このままどんどん大きくなっていってしまうのでしょうか?

それならiPad買えばいいじゃないですか…。と思うのは自分だけでしょうか。

まわし緩み「待った」

時天空が佐田の富士戦に続き、また相手選手のまわしが緩んでしまい「まわし待った」に見舞われてしまいました。

佐田の富士戦のまわし待ったはニュースでも取り上げられましたね。

 

時天空は普通に取り組みをしているだけなのに、2回もまわしの緩い人に当たってしまいました。

運が悪いというかなんというか・・・。

 

聞いたところによると、まわしを少し緩くすると、まわしを掴んだ相手が力が入りにくく投げにくいそうです。

でもそんなの反則じゃないですか?

そんなのに頼らないで練習して上手くなって勝った方がいいじゃないですか。

日本の国技なんですから、そんなズルみたいな真似してほしくないですよね。

 

それより時天空は災難でしたね。

でもその2回とも勝っちゃうなんて凄いですよね。

夜道で泣く女児

夜に住宅街で泣いている小さな女の子。

迷子と思って声をかけようとしたのですが、不審者扱いを危惧して警察に通報した男性がいるようです。

 

とても優しい方なのだということは分かるのですが、泣いている子供に親切心から声をかけても不審者に間違われてしまうかもしれないなんて、とても悲しい世の中になってしまったな。と思います。

知らない人に話しかけられても~という事は小さな頃にされる教育です。

今は小さな子供に対する犯罪も増えているので尚更です。

でも、そういった親や学校からの「声掛け」で、危険を回避するための親切な人の「声掛け」が届かなくなってしまっているような気がします。

 

昔、付近の名前も知らないおじさんやおばさんに怒られた記憶があります。

今やったら不審者扱いになってしまうんですかね・・・嫌な世の中になってしまったような気がします。

4歳男児、4歳のいとこに撃たれて死亡

米デトロイトで16日、4歳の男の子が一緒に遊んでいたいとこの4歳の女の子に銃で撃たれて死亡

 

デトロイト警察によると、子どもたちは5歳児を含めたいとこ同士の3人で遊んでいる最中に、ベッドの下に銃があるのを発見。

引っ張り出して遊んでいるうちに悲劇が起きたという

 

引っ張り出して遊べるような位置に拳銃を置いておくような親がどうかと思いますね

アメリカは銃社会ですから一家に一丁あるとしても、そんな子供の手の届く場所に置くなんてどうなんですか?

身を守る為の銃で自分の子供が死んでしまったなんてひどすぎませんか?

 

米国では幼い子どもが銃を手にして他人や自分を撃つ事故が相次いでいて、米疾病対策センターの統計によれば、2001年から2010年の間に銃の事故で死亡した15歳未満の子どもは703人、負傷した子どもは7766人に上っています

こんなに事故が起きて子供が亡くなっても銃規制の声は起きないんでしょうね

身を守るためとはいえ恐ろしいですね。

http://www.jhoodsoft.com/