ゆで卵を「生卵」に戻す方法?

アメリカのカリフォルニア大学のアーバイン校とオーストラリアの科学者らが、1月23日にゆで卵を”生卵”に戻す方法を発明したと発表した。卵は熱を加えると、タンパク質が固まって光が乱反射し白く見える。これを再び生卵のように透明に戻すには、これまでの方法では分子レベルでの透析を約4日間行わなければならなかったそうだ。しかし今回発表された方法は、固まったタンパク質に尿素を加えて液化し、その後機械で圧力をかけて小さなタンパク質の塊をバラバラにするというものだそうだ。この方法であれば多くの時間や費用を費やさなくても、ゆで卵を生卵のような透明な状態に戻すことが可能になるとのこと。これらの技術を応用すれば大腸菌などのタンパク質を安価に速く作り替えられ、がん治療などの医療にも応用できるそうだ。一度ゆでた卵が本当に「生卵」に戻っているのかは少し疑問だが、この実験によって医療技術がさらに発達するというのは素晴らしいことだ。