ジャニーズ初の気象予報士が誕生

ジャニーズ初の気象予報士が誕生した。
気象予報士の試験に見事合格をしたのは、ジャニーズJr.の人気ユニット「Snow Man」の阿部亮平と、岸本慎太郎の2人。
8月30日に同試験を受け、今月の9日に合格の知らせを受けたという。
受験者数3153人で合格者は125人、合格率4%の超難関を突破した2人。
2人は、お天気キャスターとしての番組出演が目標とのこと。
「天気予報を楽しくできれば、ダンスを組み込んだり、ユニットもいいですね」と胸を膨らませている。
阿部が受験を決意したのはおととしの1月のこと。
「気象予報士の資格があったら芸能界で武器になる」と思ったのがきっかけとのこと。
上智大学の学生でもあり、今回は5度目の挑戦であった。
試験前には出演舞台の「滝沢歌舞伎」のシンガポール公演もあって多忙を極めたものの、「必ず、1日2時間と決め、問題を解いてました。好きで勉強していたので全く苦にはなりませんでした」と振り返った。