なでしこ佐々木監督、退任へ

日本サッカー協会の大仁邦彌会長は3月7日、女子サッカー日本代表のなでしこジャパンがリオデジャネイロ・オリンピック、女子サッカー アジア最終予選で敗退をし、4大会ぶりに五輪出場を逃したことを受けて、佐々木則夫監督が退任することを示唆しました。
なでしこジャパンは、同日行われたベトナム女子代表との試合を6-1で制して、今大会初勝利を収めていました。
しかし、同試合の前に行われた中国女子代表対韓国女子代表の試合で、中国が勝利をしたため、なでしこの予選敗退が決定しました。
五輪出場を逃したことを受けて、日本サッカー協会の大仁会長は、「新体制がスタートするので、その中でどういう風にするか・・・」と体制が変わることを示唆しました。
一方、新監督については「女子委員会が検討をしてから」と明言を避けました。
現在57歳の佐々木監督は、2008年になでしこジャパンの指揮官に就任、同年の北京五輪で日本史上初の4強入りに貢献しました。
2011年の女子ワールドカップ・ドイツ大会では、快挙となる初優勝を果たしました。
その後も2012年のロンドン五輪で銀メダルを獲得し、2015年夏に行われた、女子ワールドカップカナダ大会では連覇を果たせなかったものの、チームを2大会連続の決勝に導きました。
また、2011年にはFIFAバロンドール女子最優秀監督賞とAFC最優秀監督賞を受賞し、功績を残しています。