死の青画面にQRコード追加?

Windows10の「死のブルースクリーン」(BSOD)に新機能が追加されたという情報があるそうだ。
BSODは長年忌避されてきた「Windows」標準機能であり、メモリコンフリクトや不適切なドライバなど、ハードウェアやソフトウェアの何らかの問題が原因でPCがクラッシュすると表示される。これまで、BSODに表示される情報は少なすぎるか多すぎるかのどちらかで、そのほとんどは平均的なユーザーには理解不能な内容だった。しかし、Windows10の時期メジャーアップデートでそれが改善されるかもしれないという。
2016年夏に正式リリース予定の無料の「Windows 10 Anniversary Update」で、BSODにQRコードが追加されるという。スマートフォンを使ってQRコードをスキャンすると、クラッシュの原因を説明するウェブページに誘導されるという。その情報をMicrosoftのサポート担当者に送信することも可能になるかもしれないとのこと。豊富な知識を持つサポート担当者なら、そのバグの原因を突き止めて、ユーザーがトラブルシューティングや修正をするのを助けてくれるかもしれないのだ。
現在のところ新しいBSODのQRコードは、ブルースクリーンエラーのトラブルシューティング方法を説明する何の変哲もないページにユーザーを誘導するだけだ。ただし、この機能が完成すれば、おそらくこのコードはPCをクラッシュさせた特定の問題の専用ページにユーザーを誘導させるようになるはずだという。
長年ブルースクリーンに恐怖してきたユーザーは、これで少し安心できるかもしれない。