スカイダイブで九死に一生

アメリカのテキサス州在住の女性が16歳になった誕生日を祝って人生初のスカイダイビングに挑戦しました。

テキサス州ではスカイダイビングができるのは18歳以上となっているため、ウェシントンさんは16歳でも飛ぶことができるオクラホマ州まで出向いたそうです。スカイダイビングに年齢制限があるなんて知りませんでした…。確かに小さい子どもなんか飛ばせられませんよね。

 

現地で訓練を受けたウェシントンさんは、小型機に乗り込んで空に向かい、先に飛び降りて無事着地した父親が見守る中、生まれて初めてのスカイダイビングに飛び出しました。

しかし高度約1000メートルの上空でパラシュートに異常が発生。パラシュート自体は飛び降りてから約2秒後に出てきたのですが、ウェシントンさんはらせん状態で落下し、、地面にたたきつけられてしまいました。

 

骨盤や椎骨、肋骨を骨折しましたが命に別状はないといいます。

い、命に別状はなくてもこれ絶対後遺症残りますよね…。こんなのラッキーじゃ済まされないですよ。奇跡ですよほんと。

 

ウェシントンさん、絶対トラウマになりますよね…。

なにはともあれ命だけは助かってよかったです。これから何もなければいいのですが…。