睡眠薬

不眠症の人は、睡眠薬や睡眠導入剤を利用している人も多いと思います。しかしこれらの薬は気を付けて使わないと、副作用などに悩まされることになるのです。

 

そもそも睡眠薬や睡眠導入剤は、感情を安定(リラックス)させ、覚醒中枢の働きを弱めることで眠りやすい状態を作る薬です。

不眠症や睡眠障害の方がよく利用されていますが、ストレスなどによる一時的なものに対してですと、睡眠導入剤の短期間の投与は効果的と言われています。途中で目が覚めてしまうタイプの人には、より作用時間の長い薬が有効です。

しかしこのような睡眠薬や睡眠導入剤は飲み続けると効果が薄れたり副作用が強くなるので、頓服で使うか、連続して飲むのは2週間以内にするのが望ましいとされます。

 

一定期間飲み続けると効き目が薄くなって、量を増やさないと効かなくなってしまったり、飲み続けた薬を突然やめると、離脱症状を引き起こします。離脱症状には、頭痛・幻覚などの恐ろしい症状ばかり。そのため、大量の睡眠導入剤を飲み続けるとやめるのが難しくなってしまいます。

ですので、眠れない眠れない…!なんて言って毎日飲み続け、量もどんどん増やしていっているなんて方、とっても危険です。病院で断薬の相談を行った方がいいかもしれません。

ストレス等の一時的なものに関してはとても効果を発揮するようですけれどもね。

 

睡眠障害や不眠症の方で、睡眠薬等でなんとかしようと考えていた方、睡眠薬 依存症で検索して調べてみてはいかがでしょう。睡眠薬を使わなくても治せる方法はありますよ。よく調べてみましょう。